今まで紹介したのは、すべてflash0に書き込むタイプでしたが、今回は書き込まないタイプを紹介します。
 
 
とはいえ、ほとんどのサイトで紹介された後で遅すぎるんですがね(;´▽`A“
今回は『MyRandomGameBoot v3
 
しかし!
起動画面関係をいろいろやっているので、やっぱり紹介しておきましょうと言うことでご紹介しますね。
 
ほぼ自分用な気もしますがw
 
 

このソフトで何ができるの?
ゲームやアプリを起動するときの画面を変更できます。
 
こんな人にお勧めです

  • 使いたい起動画面が複数ある
  • いろんな起動画面を体験したい
  • 一つだけでいいけど、いちいちフラッシュ書き換えるのは面倒
  • そんなことよりおれとやらないか


一つでも当てはまったら是非導入してみましょう。



ステップ1
まずは、自分のPSPがCFWか確認しましょう。
バージョンはCFW5.00以上とのこと。
 
なお、今回は私の『CFW5.50 GEN-D2』にて動作確認とします
 
バージョン確認が終わったら、PSPとPCをUSBケーブルでつなぐ等をして、『PSPで使うメモリースティックを編集できる状態』にしてください。。
 
 

ステップ2
 
MyRandomGameBoot v3をダウンロードしましょう。
 
MyRandomGameBoot v3 → ρ(〃ω〃)ポチッ(ミラポチッ) 
 
DLしたら解凍し、ファイルの中身を確認しよう。
 
20091118_3.png
release』フォルダの中身に『MyRandomGameBoot』『seplugins』フォルダ。
そして『readme.txt』ファイルがあるのを確認します。
『readme.txt』を熟読したあとに、メモリースティックのルートに『MyRandomGameBoot』『seplugins』をそのままコピーします。
 
 
20091118_4.png
上書き確認が出てきたら、問題なければ『はいを押しましょう。
 
 
20091118_5.png
メモリースティックにコピーできました。
 
 
コピーができたら、メモリースティック内の『seplugins』フォルダを開きます。
 
開いたら先ほどのコピーしたファイルがあります。
今度はそれをCFWで使えるようにするため、パスの記述を行います。
 
今回は『vsh.txt』が必要なので作ります。
※ある場合は新たに作らなくても大丈夫です。
 
20091118_6.png
ファイルの新規作成知らない人はいないよね・・・・?
さすがに(;^_^A
 
20091118_7.png
間違わないようにファイル名を入力しましょう。
絶対に『vhs.txt』なんて作らないように( ^ω^ )
 
 
次に、『vsh.txt』をメモ帳か何かで開き、以下の文を追記する。
 

ms0:/seplugins/MyRandomGameBoot.prx 1

20091118_8.png
 
記述したら保存して終了。
 
 

ステップ3
 
続いて、メモリースティック内にGameBoot.pmfを設置しよう。
 
メモリースティックのルートディレクトリを開き、コピーした『MyRandomGameBoot』フォルダを開く。
 
ここにGameBoot.pmfを入れよう。
最初から『Put your gameboots here.txt』というファイルがありますが、鬱陶しいので削除しましょう。
 
当たり前ながら、同名ファイルは入れられないので、名前がかぶらないように設置しよう。
 
面倒な人は『gameboot1.pmf』『gameboot2.pmf』という感じで増やしておけばOK
 
起動画面が欲しい人は下記からどうぞ

 
起動画面ダウンロードできましたか?
それでは、放り込みましょう。
 
20091118_9.png
上記のような感じで適当に入れましょう。
英数字であればおそらく起動できますが、日本語では相変わらず未確認です。
 
また、『opening_plugin.rco』を使用する場合は、画像の通り、pmfと同じファイル名にすると使用することができます。 
それから
( `д´) ケッ! ランダムなんてNiceGuyの俺には似合わないぜ!
ってかたは、置く起動画面を一つだけにすれば幸せになれるかもしれません。
 
 
最後に、PSP側の再起動すれば大丈夫。
 
20091118_10.png
もし、起動しないとかあれば、プラグインが有効になってるかもう一度確認してみて。
  
 
そして、アプリケーション起動!
 
20091118_11.jpg
  
20091118_12.jpg 
あなたはムフフタイムをエンジョイしてください(`・ω・´)
 
 
思ったこと
これは非常に有用なプラグインですね。
これならばflash0をいじらなくてすむし、何より簡単です。
 
とはいえ、聞く話だと20個ぐらいまでらしいので注意が必要です………
 
 
 
 
 
 
っと、簡単に引き下がるわけにはいかねぇ!
 
ってことで、大まかにどこまでOKなのか確認してみましょう。
一定数の起動画面を入れて、5回起動してみました。
以下の結果は私の環境であり、メモリースティックの質やPSPによっては違う結果になる可能性があります。
 
まずは20個で検証しました。
問題なく5回ともランダム起動確認。
  
次に30個で検証しました。
問題なく5回とも※1ランダム起動確認。
 
次に50個で検証しました。
問題なく5回とも※1ランダム起動確認。
 
次に100個で検証しました。
問題なく5回ともランダム起動確認。 
 
次に200個で検証しました。
問題なく5回とも※2ランダム起動確認。
 
次に500個で検証しました。
問題なく5回ともランダム起動確認。
 
次に1000個で検証しました。
XMBのゲームからメモリースティック選択したらMSランプついたままフリーズして落ちたwwww
 
 
ということで、500個は大丈夫みたいですので、心配はないでしょう。
1000個は使わないようにしましょうw
 
 
※1
最初連続して同じ起動画面(確率的にあり得ないことではない)
 
※2
連続ではないが、同じ起動画面が出現(確率的にあり得ないことではない)
 
 
 
あと、画像の起動画面、つまり生徒会の一存No19~24は作っているのですが、機会がなくまだ公開していません。
 
それでは、今日はここまで
|家|/・x・)/・x・)バイバーイ♪

デート・ア・ライブ 或守インストール(限定版)
LOEVLY QUEST -Unlimited- 限定版
予約済み
前作は普通だったので、今作も普通に期待してます。
未予約
元はHOOKSOFTですね。
このゲームはプレイしたことありません・・・
現段階で購入予定すらありません・・・
ゲームに感情移入をあまりしない私は、やってて虚しくなってくるので・・・


収入はサーバー代やプレゼント企画で使わせてもらいます。
いい記事と思ったなら今すぐクリック

関連記事


web拍手 by FC2
↑ボタンを押すと拍手を送ることができます。
返事は気まぐれでTwitterにてするかもしれません。。